2018年末時点 保有銘柄一覧 [ETF編]・2019年方針

続いて2018年末時点でのETFについてのまとめです。

保有銘柄一覧

SBI証券で購入している米国ETFと、楽天証券で購入している投資信託(スポットと積立)があります。

SBI証券での保有銘柄

ティッカー 銘柄 保有株数
VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 30
VYM バンガード米国高配当株式ETF 10
HYG iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF 10
PFF iシェアーズ 米国優先株式 ETF 20
BND バンガード・米国トータル債券市場ETF 20

以上5銘柄になります。

楽天証券での保有銘柄

ファンド名 保有口数
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)) 949口
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式)) 12,328口
楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(新興国株式)) 3,244口
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 56,241口
iFree S&P500インデックス 3,753口

いずれも再投資型です。

ETFへの2019年の投資方針

こちらもまだまだ投資資金が多い訳でな無いので、下落をチャンスと捉え、買い増ししていきたいと思います。

個別ETFの買い増し・新規購入候補

  • 買い増し:PFF、BND
  • 新規購入:悩ましい

 

PFF、BNDとも20株の保有なのですが、それぞれ平均単価が$37.5、$81.56と高めなので、か買い増しで平均単価引き下げを考えています。

HYGはあまり持ってる人少なそうなのですが、個人的には現状、毎月分配で、保有単価で5.5%の利回りがあるので、もう少し買い増しても と思ったりしています。

 

一方、新規は悩ましいところです。

VT、VYMとも昔買ったものなので、この下落局面でもまだ利が乗ってます。また、上記のとおり楽天版のVT・VYMもあるしで、HDVには強く惹かれるものの、いったんこの路線はなし。

とすると、S&P500のVOO(バンガード)IVV(ブラックロック)ですが、これも楽天でeMAXIS SlimとiFreeがあるのを考えると無しかなぁと。

利回り的には微妙ですが、NASDAQの復活を心待ちにQQQあたりを買ってみるのもアリかもしれません。

楽天は積立&ポイント購入を続けます

楽天の方で挙げたeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の一部が、この12月から毎月積立での投資を始めたものになります。

いろんなところで書かれてますが、ドルコスト平均で粛々と積立ていくのに最適なタイミングに始めたんだと心に刻み、緑色のマイナスの数字が増えていくことがあっても、耐えていきたいと思います。

 

以上、ETFのまとめでした。

コメント