今は米国株は買いにくいなぁと言うことで、待機資金で外貨建てMMFを購入しました

年末年始の悲壮感が少し和らいだとは言われているものも、個人的にはなかなか動きづらい1週間でした。

このまま落ち行くようなら買い増ししようと残していたドル資金があったのですが、投入タイミングを見出せず、いったん1500ドル程で外貨建てMMFを買うことにしました。

実は外貨建てMMFは初めて

待機資金があったのはSBI証券だったのですが、同証券ではドル建てですと以下の4種類のMMFの取り扱いがあります。

  • ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド  利回り 1.752%
  • ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト  利回り 1.759%
  • ゴールドマン・サックス  利回り 2.008%
  • ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド  利回り 2.146%

※利回りはいずれも直近7日間平均利回り(2019/01/07現在)

 

なにぶん、MMFの購入は初めてだったこともあり、ネットで色々調べましたので、

以下有益と思われる情報をまとめておきたいと思います。

外貨建てMMFの特長

  • 毎月分配型の投資信託
  • 分配金は自動的に再投資
  • いつでも自由に換金可能
  • 特定口座に対応:特定口座で取引している投資信託や株式との損益通算が可能 ※申告分離課税
  • 購入時・解約手数料なし
  • 極めてリスクの低い商品だが、元本割れは有り得る
  • ペイオフの対象外 ※ただし、投資者保護基金のため証券会社が破綻しても1,000万円まで保護

 

なんで、今まで使わなかったんだろう って内容です。

円での直接買い付けは為替手数料に注意

今回は貯まっているドルでの投資でしたが、当然円での直接投資も可能です。

その場合は為替手数料に注意ですね。

SBI証券の場合、米ドルの片道手数料は25銭ですが、住信SBIネット銀行を使ってもっと安価にドル転ができます。

住信SBIネット銀行の為替手数料は片道4銭

以下の方法で、為替手数料4銭、リアルタイムでドル転と資金移動が行えます。

  1. 住信SBIネット銀行に外貨預金
    日本円から米ドル預金
  2. 外貨預金口座から外国証券口座に振替
    住信SBIネット銀行:外貨預金口座→SBI証券:外国証券口座に振替

 

さらにこの2019年1月7日(月)〜3月29日(金)17時までは、上記手数料が片道0銭(タダ)になります!

※売却時(ドル→円)は対象外

チャンスです!!

住信SBIネット銀行WEBサイトより

購入したのはブラックロック

どうしようかなぁと一瞬悩んだのですが、ブラックロックさんには他でも色々お世話になっているので、一番利回りが高いこともあり、同社のブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンドにしました。

住信SBIネット銀行ではドルの積立もできるので

108円で小康状態のドル円ですが、為替関係者の話を聞くと、

一度付けた値(105円割れ)はまた見に行く

という声があったりするので、今年は円安が進むと考えて、ドル資産を増やしたいと思っています。

 

上記の通り、3/29まではドルの積立も通常片道2銭の為替手数料がタダになるので、このタイミングで外貨積立も始めてみようかなぁと考えています。

 

そちらはまた別途報告させていただきます。

 

 

コメント